獣医について

獣医について

獣医師の職業の内容について紹介しましょう。

 

一般的に知られているのは、犬や猫などの小動物の病院の先生ですよね。

 

病気の診断や治療を行うのは小動物臨床分野です。

 

また、牛や馬などの家畜に関する医療行為は農林水産分野となります。

 

また、食料品となる牛肉や豚肉などの食品としての安全性を調べるのは公衆衛生分野です。

 

その他にも野生動物に関することも獣医師の仕事です。

 

つまり、獣医師と一口で言っても、いろいろな分野の仕事があると言うことですね。

 

子どもたちが獣医師になりたいと言う時にどのような仕事をイメージしているのでしょうか。

 

それでは、獣医師になるためにはどのような手順を踏めばよいでしょうか。

 

獣医学科がある大学で6年間勉強します。

 

そして、獣医師国家試験にパスすれば、晴れて獣医師の免許を手にすることができるのです。

 

しかし、実際に仕事に就くためには、自分がどのような分野に進みたいのかを明確にしなければなりません。

 

もちろん、そこに求人があることも大事なことですね。

 

獣医師に限らず、希望した職業に就ける人はほんの一握りです。

 

努力をして、自分の進むべき道を切り開くことが大切ですね。

 

獣医師の国家試験はそれほど難しくありません。

 

しかし、大学で学んだことをきちんと理解して、試験対策を怠らないようにしておかなければなりません。

 

合格率は85%ぐらいなのです。

 

実際の仕事はさまざまですが、どこの職場に努めるかによって、おおよその仕事内容は決まっていると考えてよいでしょう。

 

獣医師の免許を取得するためには獣医学科がある大学に行かなければなりません。
そのための学費はどれくらい必要なのでしょうか。
もちろん、国立と私立では大きな差があります。
それらも踏まえて、自分の夢がかなえられるかどうかを考えてみましょう。
正確な学費については各大学のホームページに掲載されているでしょう。
ここでは私立大学の例を挙げてみましょう。
学費には入学金と授業料、実習料、施設費などがあります。
入学金は1年目だけに必要となる学費ですが、それ以外は毎年6年間必要になります。
1年目の合計金額はおおよそ230万円です。
そして、2年目以降は200万円となります。
一般的な学科に比べると少し高くなっています。
しかし、どこの大学でも同じような学費と思って間違いないでしょう。
獣医師を目指す人たちは、大学で多くのことを学ばなければなりません。
そのためにアルバイトをしている時間はあまりないのです。
小さいころからの自分の夢をかなえるために獣医学科に入学したのなら、その夢に向かって突き進みましょう。
本当に学費に困っているのであれば、奨学金などの制度があります。

有効に活用したいものですね。
多くの人が獣医師になる夢を持っています。
しかし、獣医学を学べる大学の数は多くありません。
競争率が高いのです。
その中で夢を掴むのですから、途中であきらめることのないようにしたいものですね。
獣医だけではなく大学に行くための学費は必要なものです。
獣医になってから奨学金を返済すればいいのです。

続きを読む≫ 2013/04/12 00:06:12

公益社団法人の日本獣医学会を紹介しましょう。
日本獣医学会は明治18年に創設されています。
当時は大日本獣医会と言う名称でした。
日本の獣医学の基礎は明治から大正にかけて築かれたと言われています。
もちろん、科学的な学問として確立するためには半世紀以上の時が必要でした。
第二次大戦の終結までは獣医学の目的は軍馬の飼育のためのものであったと言っても間違いではありません。
家畜伝染病や臨床獣医学と言う限られた分野だけが獣医学と認識されていたのです。
戦後の社会の変革にしたがって、獣医学に対する考えも大きく変わってきました。
今日ではペットが家族の一員であると認識されていますから、そのための病気のケアは人間と同等の扱いを求められているのです。
そのような中で日本獣医学会は学術研究の一翼を担っています。
また、直接的に社会に貢献する活動も行っていますね。
狂牛病やO-157は動物と人間の病気に対する大きな脅威となったことは、記憶に新しいのではないでしょうか。
このようなケースでは獣医学の専門的な知識が必要となります。
日本獣医学会も積極的に対応に協力していたのです。
獣医学の研究の一つとして、野生動物の保護や管理も実施しています。
野生動物の生活環境が変化したために、絶滅の危機に陥っている種もあるのです。

このような研究は個人でできることではありません。
また、その資金も必要となります。
動物の研究が結果的に人間の生活に貢献することを考えることが大切なのですね。

続きを読む≫ 2013/04/12 00:06:12

人間の病院の看護師と同じように、動物病院でも看護師と言われる職業があります。
動物看護師、動物衛生看護師です。
獣医師の指示の下で動物の世話をしたり、獣医師のパートナーとして手術の準備、入院動物の世話、健康管理などを行います。
仕事の内容は普通の看護師と同じと考えてよいでしょう。
しかし、医療における看護師との大きな違いは、国家資格ではないと言うことです。
また、公的な資格もありませんから、明確な職種として区分されていないのが実態です。
動物病院で働く獣医師以外が看護師として働いていると言えるのです。
動物看護師の資格を与えているのは任意団体です。
日本動物看護学会、日本動物衛生看護師協会、日本動物病院福祉協会、日本小動物獣医師会、全日本獣医師協同組合が動物看護師の認定を行っています。
それぞれの団体間に関連はなく、与えられる名称も異なっています。
実はこれらの認定制度はごく最近始まったものです。
10年に満たない歴史しかありません。
これは動物看護師の社会的地位の向上を目指す声の高まりを受けて始められたからです。
獣医師の仕事の補助をしていながら、事務員程度の待遇でしかなかったことが始まりだったのでしょうか。
それとも、獣医師の助手をするためには、ある程度の専門知識を持っていなければ勤まらないと考えられるようになったからでしょうか。
動物たちの手術が一般的になったのは最近のことです。

動物看護師の需要が高まっていることが背景にあるのです。

続きを読む≫ 2013/04/12 00:06:12

子どもの時には、漫画の主人公に大きく影響を受けるケースが多いようですね。
獣医を目指している若者の中には「獣医ドリトル」を読んでいる人も多いのです。
動物病院の獣医であるドリトル先生が動物だけではなく人間の心まで治してくれるのです。
獣医がかっこいいと思ってしまうのです。
もちろん、ある程度は事実かも知れませんが、獣医がこのような仕事ばかりをしているわけではありません。
ペットブームの背景にはどのような人間関係が潜んでいるのかを教えてくれる漫画かも知れません。
獣医は単に動物を助けるだけの慈善事業ではありません。
あくまでもビジネスとして成り立たなければ意味がないのです。
もちろん、獣医もそれなりの給料を求めています。
獣医ドリトルがどのような生活をしているのかはわかりませんが、家族を養っていくためにお金がなければならないのは事実です。
ペットに対する間違った飼育をしている飼い主も少なくありません。
動物を家族同様にかわいがることは悪いことではありませんが、それが動物にとっていいことなのかを考えるべきなのです。
獣医ドリトルはそれらの問題を明らかにしてくれます。
ドラマですから、多少の誇張はあるでしょう。
しかし、基本的な部分では間違っていないのです。
ただ、ドリトル先生の話は獣医師の仕事の一部でしかありません。

獣医にはもっと幅広い仕事があるからです。
また、獣医になりたいと思うだけでなれるわけではありません。
競争率の高い大学に入学しなければならないのです。

続きを読む≫ 2013/04/12 00:06:12

高校生が獣医学部を受験しようとすると、その情報の少なさに戸惑ってしまうようですね。
一般に獣医学部の募集人員は少なく、それに対して志願者はかなり多くなります。
そのため、受験の難易度はかなり高いと言わざるを得ません。
しかし、獣医学部受験を希望する生徒が少ないため、進路指導の先生にもよくわかっていないことが多いのです。
私立大学は出題される問題に癖があるようですし、課目によって問題の難しさも違いますね。
基本的に理系ですから、理数系は強くなければ合格は難しいようです。
特に化学と生物でしょうか。
獣医学部を目指す高校生たちは、自分の夢を持っています。
その夢を何とかして叶えたいと思っているのです。
何となく大学に行く人たちよりも、目的を持っている分だけ素晴らしいことですね。
親としてもその夢に向かってほしいと思うでしょうが、どうしても競争社会です。
一浪して受かると言う保証はありません。
自分に自信がなければ、合格しないでしょう。
夢を断たれることで、その後の人生が大きく狂うのではないかと親は心配してしまいますね。
もちろん、これらのことは獣医だけに限ったことではありません。
パイロットや学校の先生でさえも、自分の希望通りになることは少ないのです。

また、獣医を目指している人の多くは獣医の仕事内容を正確に把握していません。
動物の世話をすることだけが獣医の仕事だと思っているのです。
現実には様々な職種があります。
それでも動物が好きならば続けられるでしょう。

続きを読む≫ 2013/04/12 00:06:12

獣医療法とは動物の飼育や診療のために獣医が行うことを定めた法律です。
昔からあった法律のように思う人もいるでしょうが、実は平成4年に作られた法律です。
この法律と関係あるのは獣医師法です。
獣医師法は獣医師の資格など関する法律ですが、獣医療法は医療に関する事柄を定めています。
この法律の目的は都道府県において獣医療を提供する体制作りを進めることです。
畜産業の安定した発展を図ることや、安全な食物としての家畜の供給を促進するためには獣医療を充実させなければならないとの考えに基づくものです。
最近のニュースにあるように広域の伝染病が畜産農家に致命的な打撃を与えることがあります。
獣医師を確保することによって、それらの病気の予防や緊急時の対応を進めることができるのです。
獣医療の拡充は社会的な要請と言えます。
これまでの獣医師の育成方法では十分な人材の確保が難しいと考えられました。
法律を作ることで、都道府県が獣医師を確保することが容易になるのです。
獣医療法によれば、都道府県は獣医療の計画を策定しなければなりません。
そして、それらを実現するための施策を講じることが獣医療を確実なものにするのです。
近年のペットブームで獣医師の需要は高まっていると言われていますが、対価となる給料が安いために優秀な人材が集まらないと言われてきました。
これからも家畜やペットに対する高度な専門知識は必要とされます。
獣医師の価値が見直されてきたと言えるのです。

続きを読む≫ 2013/04/12 00:06:12

世の中にはいろいろな仕事をしている人がおり、その仕事のせいで結婚ができない人も多いのです。
獣医もその一つです。
ドラマや漫画に出てくる獣医はかっこいいですよね。
弱っている動物を助けたり、飼い主の間違った考えを正したりします。
しかし、現実はそんなうまい話ではありません。
獣医師は彼女に困っていますし、飢えていると言っていいでしょう。
その一つの原因は給料が低いことです。
周りからは獣医師は給料が高いように見られている分だけ、その落差が激しいのです。
結婚相談所に入会しても、お見合いの申し込みはほとんどないそうです。
獣医師に対するイメージは実際の人柄とは関係ありません。
もちろん、彼女と付き合っている獣医師もいます。
しかし、急な呼び出しや休日勤務など日常茶飯事です。
これでは相手の女性も結婚をためらってしまうのです。
忙しいのに給料が安ければ、何も期待できないのです。
このような獣医師ですが、やはり神様はいるのですね。
獣医師が結婚する相手は職場にいます。

典型的な職場恋愛なのです。
もちろん、趣味が同じですし、休日も同じ、給料の内容はおおよそわかっている者同士です。
意気投合すれば結婚するのは時間の問題でしょう。
男性獣医師と看護師の組み合わせは多いのだそうです。
獣医師の待遇は少しずつ改善されてきていますが、まだまだ、世間の相場とは比べられません。
あなたの知り合いに獣医師がいれば、結婚のことを持ち出してみませんか。
すぐに飛びつくことでしょう。

続きを読む≫ 2013/04/12 00:06:12

獣医師になるには国家試験に合格しなければなりません。
もちろん、その前に獣医学科のある大学を卒業します。
国家試験の出題について紹介しましょう。
出題基準では出題範囲がおおよそ決められています。
獣医療の基本的事項、獣医学の基本的事項、衛生学に関する事項、獣医学の臨床的事項から50問が出題されます。
それぞれの内容については、さらに詳しく出題範囲が決められています。
そして、試験が行われるのは毎年2月です。
2日間の日程で行われます。
会場は3か所のみで、北海道、東京、福岡です。
獣医学科の卒業生がそれほど多くないために、受験者数も限られているのです。
合格率は80%を超えていますから、かなり高い合格率と言えるでしょう。
きちんと勉強した人なら間違いなく合格です。
受験資格には年齢制限はありません。
誰でもが受けることができるのです。
日本中で新しく獣医師になるのは毎年千人程度です。
したがって、ペットの世話をする獣医は常に不足状態にあるのです。

もちろん、家畜の伝染病が心配される事件が多くなりましたから、そのための獣医も求められています。
国家試験に合格して多くの獣医師が誕生してほしいものですね。
獣医の仕事は動物病院の先生だけではありません。
動物園や水族館にも獣医はいます。
動物がいるところには必ず獣医がいると考えて間違いないでしょう。
動物の命を助けることだけではなく、時には殺処分をしなければならないこともあります。
それも獣医の仕事なのです。

続きを読む≫ 2013/04/12 00:06:12

動物病院には獣医師がいます。
多くの獣医師が開業しているわけではありませんが、開業しても経営が安定するまでにはかなりの時間がかかるようです。
ところで、動物病院の治療費は病院によって大きく異なっています。
それは相場があるわけではなく、動物病院が決めてよいからです。
これは人間のように健康保険がなく、全額の治療費を飼い主が負担することになることと無関係ではありません。
ペットの病気に高額な医療費を請求されたら、誰でもびっくりしますよね。
動物病院で治療をしてもらった時には、その明細について確認することもいいでしょう。
他の病院では安いのにここは高いですねと聞いても悪いことではありません。
動物病院で働く獣医の報酬は世間一般の仕事と比べると低いと言われています。
実際のところはわかりませんが、動物病院が儲かっているとは思えないのです。
インターネットの裏情報を見ると、いろいろなことが書かれています。
動物を治療する方法がいろいろとあるのですが、獣医がどのような処方をしているのかよくわかりませんよね。
飼い主としては家族同然のペットが苦しんでいたら、何とかしてほしいと思います。
動物病院に行く時には、治療費の相場を調べて行くことをお勧めします。
悪徳獣医ばかりがいるわけではありませんが、中には本当にいるのです。
また、獣医にはある程度の得意分野があります。

つまり、専門があるのです。
手術でも同じことですね。
内科専門の獣医ならば手術の設備を持たない場合もあるのです。

続きを読む≫ 2013/04/12 00:06:12

獣医を目指している学生は、どこに魅力を感じているのでしょうか。
もちろん、中学校などでは獣医の仕事内容を正確に把握しているわけではありませんから、獣医師へのあこがれはイメージ的なものが強いでしょう。
それでも、魅力を感じていると言うことは動物が好きで病気などを治してやりたいと思っているのです。
さて、獣医のやりがいについて考えてみましょう。
よく言われるのは病気で苦しんでいる動物が元気になった時にやりがいを感じることです。
これは、獣医に限らず、どの職業でも同じことですよね。
自分の仕事が動物の役に立ったと実感できる瞬間だからです。
しかし、動物はすべて生かされるわけではありません。
現実には食用として飼育されている家畜はいずれ殺されてしまうのです。
これは宿命とも言えるものですから、獣医師が何とかできる話ではありません。
しかし、伝染病などの拡大を防ぐために、殺処分をされる大量の家畜たちのニュースを見ると、悲しい気持ちになりますよね。
実は殺処分をする人たちも獣医なのです。
命を助けるのではなく逆の仕事をしなければならないのです。
人間と動物の間には越えられない壁があります。
どんなに家族同然だと思っていても、避けられないことがあるのです。
動物の医学が進歩することによって、人間と同じような病気にかかる動物も増えて来ました。

自分で動けなくなった動物を生かしておくことに意味があるのか、考えながら治療をしている獣医もいるのです。

続きを読む≫ 2013/04/12 00:06:12